ねこのパンチは多段HIT
TOPへ戻る
Vespa PX150
ツーリング・キャンプ
日々の出来事
掲示板

1961VW TypeII 23W売ります (できれば売りたくない編)

【日々の出来事 001】 2016年3月28日

前面(画像クリックで大きくなります)

新しいオーナー様が見つかりました(2016.5/5)

12年間放置前に車検で外装をきれいにしています。ぱっと見きれいなんですけど、長期間放置してあったので錆が出ています。
右半分は壁に隠れて手が出せません。おそらく金属パーツは錆びていると思われます。

VWマークの錆びを軽くこするときれいになりました。奥の方は手が届かないので錆びたままです。錆び具合の確認にどうぞ。

きれいです。
ドアの重さのせいか少し下がっています。開閉には支障ありません。
ホイールは錆び錆びだったので軽く磨いたらきれいになり。。。そうです。
ボディの下のほうは錆びがちらほら。
ずーっと後ろを見て行って。。。
このまま後ろ面を見ていきます。

後面

リアホイールです。フロントで頑張ったので磨くガッツが残っていません。。。
リアバンパーあたり。あまりよくないですね。
さっきのところ、振り返ったらこんなことになっています。
部分的に軽くざらつくぽっちり有り。こすれば取れるやつだと思います。
エンジンルーム。バッテリーを手前に引き出しています。
リアバンパー左側。よくないです。
リアバンパー左側。
リアバンパー真ん中。
リアバンパー右側。
扉を閉じたところ
バンパーの奥。ここはボロボロです。
購入店のステッカー

車内

いろいろ積んだままですが、ドアが車庫の壁でふさがれていて取り出せません。。。
中央ににょろんと出ているのはシガーソケットです。
後ろから運転席方面を撮影。

写っているいるマフラーはR32スカイラインGT-Rの純正マフラーです。タイヤ・ホイールも中古でGT-Rを購入時についてきたわけのわからんやつです。いらないのでよかったらもらってください。。。

そのまま上を見る。
屋根開けるアレ片方おかしい。。。

前面に戻りながら車内を見ていきます。

運転席後ろの灰皿テーブル?の金具がはがれています(画面中央に立てかけている)。
ドア。
運転席側の天井。
助手席側の天井。
きれいなもんです。
ちょっと拡大。こっちはきれいじゃなかった。
助手席側のちょっと汚いところ。あ、左ハンドルです。
サファリウインドウの塗装は剥げ剥げ。
運転席側三角窓を閉じるボタン部分が無いです。問題なく締まり固定することはできます。ただ、完全には締まりません。
メーター回り。放置前にガソリン満タンにしていましたがどうやらなくなっているっぽいです。
マイル表示のスピードメーター。
ナショナルのラジオ。動きません。
時計。動いていたような動いていなかったような。。。すみません。忘れました。とりあえず運転席から遠すぎて見ません。
ホーンのボタンに浅いヒビが入っています
エンジンルームを開ける金具もちゃんとあります。
室内の塗装部分はきれいです。
ドア。
三角窓の金具が無いせいで締まりきらずに隙間が空いています。

ふたたび車外 パーツの状態

フロントは事故でニコイチにしたのできれいですね。。。
ドアは年季が入った感じです。

屋根

運転席の上。きれいですね。
その後ろ。この開閉部分は正直よくないです。
さらにその後ろ。試しに水をかけたら車内に漏れていました。これは元々なんですけど。。。これ交換したら水漏れなくなるのかな?

なおゴム類からの浸水はありません。

排水溝シリーズ。サファリウインドウの上。
運転席の上。
その後ろ。
その後ろ。真ん中を過ぎたあたりからよくないです。
さらにその後ろ。
屋根はきれい。
エンジンルームの左。

色むらに見えるのは水で濡れているところと乾いているところの違いです。

エンジンルームの上。
エンジンルームの右。

おまけ

前面に戻ってこの金具の状態シリーズ
やっぱり後ろに行くほど錆が出てきます。
ここのゴムがはがれています。
↑このページの一番上へ戻る